ハイドロキノンは、非常に優れた美白成分です。肌の色ムラの予防や改善もできる、シミ・ソバカスに効果が期待できます。ハイドロキノンを使えばこうなるよ、ということを皆さんにお伝えしたいと思っています。

ハイドロキノン配合クリームと女性

ハイドロキノンってなんなのか

ハイドロキノンは、美容皮膚科などでシミの外用薬として処方される美白効果の高い成分です。
欧米ではシミ治療と言えばハイドロキノンと言うほど、広く知られている成分ですが、日本では2001年に化粧品への配合が認められました。
紫外線を浴びると、肌内部ではメラニン色素が生成され、やがてシミとなって表皮にあらわれますが、多くの美白成分は、メラニン色素の生成に直接関わるチロシナーゼという酵素の働きを抑制する作用があります。
ハイドロキノンは、この作用に加えて、メラニン色素を作るメラノサイトという色素細胞にダイレクトに働きかけ、メラノサイトの働きを弱める作用もあります。
つまり、すでにできてしまったシミに対する効果とこれからシミができないようにする予防効果というふたつの効果を期待することができます。
ハイドロキノンはクリームに使われることが多く、市販の化粧品では1~4%ほどの濃度が配合されています。
肌への刺激が強い成分のため、敏感肌の人はまずは低い濃度のものを試すと良いでしょう。
どんな肌タイプの人でも、本格的に使う前にパッチテストをすると安心です。
クリームをつけた絆創膏を、二の腕などに貼り、24時間くらいそのままにしておきます。
赤くなったり、かゆみが出たりしなければ、問題なく使用することができます。
また、ハイドロキノンを使用する際には、いくつか気を付けなければいけないことがあります。
ハイドロキノンは、メラノサイトの働きを弱めますが、それによって肌は無防備になり、外部からの刺激を受けやすい状態になります。
そのため、スキンケアに使用した後は、紫外線対策はしっかり行う必要があります。
また、ハイドロキノンは劣化しやすいため、保管場所に気を付けて、早目に使い切るようにしましょう。

ハイドロキノンは何に効くのか

美容関係のワードでよく聞かれるハイドロキノンですが、これが一体何なのか、何に効果があるのかよくわからないという方もたくさんいますね。
これは、肌の悩みとして常に上位に来るシミに対して効果がある物質です。
シミがあると途端に見た目年齢がすごく上がってしまい、老けて見えてしまうのですが、お化粧で隠そうとしても下から浮き出てきてしまい、結局厚化粧になっただけという結果になりがちです。
この厄介なシミを解消できるのがハイドロキノンなのです。
これが出てくる前は、ビタミンC誘導体が主なシミ治療のツールでした。
しかし、ビタミンC誘導体はシミができるのを防ぐのには効果的なのですが、既にできてしまったものに対しては効果が薄く、どうしても解消したければ高い費用をかけて美容クリニックなどでレーザー治療するしかありませんでした。
このハイドロキノンは、メラニン色素を生成する酵素を抑制する働きがあり、シミの予防はもちろん、できてしまったシミを薄くしていき、解消する効果も期待できるのです。
ビタミンCや、肌のターンオーバーを促進する働きのあるトレチノインと併用して使われるケースが多いです。
ただ注意点として、紫外線にはとても弱いので、ハイドロキノン使用中は紫外線対策をかなり念入りに行う必要があります。
使い方としては、寝る前にスキンケアした後に塗るという方法が一般的です。
朝塗ると、紫外線に触れてますますシミが濃くなってしまう可能性があります。
ビタミンCはシミ予防効果が優れているので、ハイドロキノン使用中はビタミンCサプリを服用し、体内から紫外線対策も怠らないようにしましょう。
ちなみに肌のターンオーバーを促進するトレチノインも紫外線に弱いので、寝る前だけの使用にしておきましょう。

ハイドロキノンをつかうとどうなるのか

『ハイドロキノン』は現在多くの化粧品において美白成分として配合されている物質です。
この物質は元々自然界に存在するもので、イチゴやコーヒーなど我々が日頃口にする食品等にも含まれています。
かつてはこの物質は写真の現像や医薬品の酸化防止剤などが主な用途となっていましたが、研究が進められる中で強い美白効果があることが発見され、美容先進国のアメリカで医薬品への利用が認可されたのを皮切りに、世界中で美白化粧品に用いられるようになりました。
ハイドロキノンの美白効果は、この物質が持つメラニン色素を合成するメラノサイトの働きを阻害する作用によるものです。
肌にできるシミは、紫外線などの刺激を受けてメラノサイトがメラニン色素を生み出し、それらのメラニン色素が肌の表面の細胞に含まれることによって発生します。
しかし、ハイドロキノンはメラノサイトに対してのみ作用する毒性があるため、メラノサイトが本来持つメラニン色素を生成する働きを阻害し、新たなメラニン色素の生成を抑制します。
美白効果を持つ成分としては他にもビタミンCなどが有名ですが、ハイドロキノンではメラニン色素の生成そのものを抑制する点がそれらの成分とは異なり、強力な美白効果をもたらす理由となっています。
なお、ハイドロキノンのもうひとつの特徴としては、肌に塗ることで表面の細胞が紫外線によって傷つくのを防ぐ働きが挙げられ、この働きによってシミの解消だけでなく予防にも効果を発揮します。
なお、ハイドロキノンは配合される濃度が高いほど美白効果も高くなることが知られており、現在は様々な濃度の製品が販売されていますが、その一方で美白効果が強くなるほど肌への刺激も強くなる傾向があり、体質によっては肌のかぶれや赤みといった副作用が現れることもあります。そうした場合にはすぐに使用を中止し、医師の診察を受ける必要があります。