ハイドロキノンは、非常に優れた美白成分です。肌の色ムラの予防や改善もできる、シミ・ソバカスに効果が期待できます。ハイドロキノンを使えばこうなるよ、ということを皆さんにお伝えしたいと思っています。

ハイドロキノン配合クリームと女性

おやつにポッカレモンを飲みつつハイドロキノンで美白

市販の美白化粧品を使っているけれど、なかなか効果があらわれない方は、普段の食事を見直すようにしてください。
美白効果のある成分といえば、ビタミンCですが、これにはシミの原因となるメラニン色素の生成を抑制し、コラーゲンの生成をサポートし、美肌に導く効果があります。
ビタミンCの抗酸化作用が、紫外線によるお肌の酸化を食い止め、シミなどの老化を防げるので、普段からレモンやアセロラ、赤ピーマン、パセリなどで摂取し、透明感のある肌に近づけるようにしましょう。
おやつの時間にポッカレモンを飲んだり、料理の隠し味に使うと、効率的にビタミンCを摂取できます。

定期的にビタミンCを摂取し、体の中からケアしても、綺麗な肌にならなかったときは、美容クリニックでハイドロキノンを処方してもらうとよいでしょう。
ハイドロキノンは美容業界では注目を浴びている美白成分なので、美白化粧品にも多く用いられていますが、2%までしか配合が許可されていないため、それ以上の濃度を使用したいときは、クリニックに行くしかありません。
とはいえ、濃度が高いから効果があるというわけでもなく、それぞれの肌の状態によっては、刺激が強すぎて赤みが出たり、ヒリヒリするようなことがあるので、まずは診察を受けてから、最適な濃度のハイドロキノンを処方してもらうことが大切です。
ハイドロキノンを使うと、シミやくすみを改善して、肌を明るくすることが出来ますが、人によっては、皮がむけたり、赤くなってしまうなどの副作用が起こるといわれています。
まれに肌の一部分が白く抜けてしまう、白斑が発生することもあるので、使用中に異変を感じたら、早めにクリニックで診てもらうようにしましょう。